•  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 『幸福度世界一』を誇るデンマーク

     

    教育の目的って、いったい何なのでしょうか?

    「社会で生き抜く力を育むため」

    「過去の人が考えたことを未来につなぐため」

    「国家や社会システムを維持するため」

    様々な答えがありえますが、

    デンマークではこんなふうに考えられています。

     

    「みんなで、幸せに生きるため。」

     

    デンマークは2013年、2014年、2016年の世界幸福度調査で1位になっています。

    グローバル化、人工知能の進化、テロリズムの台頭、貧富の差の拡大・・・。

     

    どんどん変化する世界の中で、それへの対応を意識しながらも、

    一人ひとりの Quality Of Life("生きること"の質) に重きが置かれ、

    すべての人の、人生に渡る学びを、社会全体が支えているデンマーク。

     

    これからの時代の教育のあり方、日本のこれからを考えるうえで、

    デンマークの教育・社会に触れることは大きなヒントを与えてくれることでしょう。

  • Education in Danmark

    デンマークの教育ってどんなの?

    子ども・若者時代を

    満喫することが大切

    いま・ここの幸せや居心地が重視される

    将来のために今を犠牲にするという考え方をデンマーク人はあまりしません。今を十分に楽しんで生きることが、将来の充実にもつながると考えられているのです。

    ランク付けや競争をしない
    「比べない教育」

    小中学校までは点数をつけるテスト禁止

    人との比較ではなく、自分自身の成長の実感が大切にされます。精神的な安心が学習の基盤。小さい頃からの競争はその基盤を脅かすリスクのあるものだと認識されています。

    根底に流れる

    デモクラシーの精神

    身近なシティズンシップ​感覚

    日本の感覚ではピンときませんが、デンマークではどこででも頻繁に聞かれるデモクラシーという言葉。自分らしく、他者とともに生きていくために大切なこととしてデンマーク人に浸透しており、教育もそこを基盤に、そこをゴールに営まれています。

  • ー 訪問先・見どころ ー

    多様な現場を訪ね、デンマークの教育の全体像をとらえよう

     

    森のようちえん

    デンマークで生まれた自然保育のスタイル​

    毎日森へ出かけ、自然の中で創造性を発揮しながら自律的に遊びまなぶ、園舎のない幼児教育機関。

    デンマークで生まれた「森のようちえん」はヨーロッパで広がり、近年では日本でもその数がどんどん増えてきています。

    フォルケホイスコーレ

    デンマークの民主主義を支える独自の教育機関​

    デンマーク教育の父・グルントヴィの提唱で北欧に広がった、18歳以上なら誰でも入学できる成人のための「民衆の大学」。デンマーク全土に100校ほど存在しています。

    試験もなく資格付与もないこの学校に、学生たちはまさに「学ぶことそのもの」を目的に入学します。寮生活を共にし、対話を重ねながら、自分を知り、社会を考え、共に生きることを学ぶのです。

    国民学校(フォルケスコーレ)

    6歳から16歳までの包括的な教育

    国民学校では、「より高いレベルの教育の準備のための知識やスキルを獲得」「デモクラシーの習得」が目指されています。とりわけ、自分の可能性に自信を持ち、自分の意見を形成することを重視。授業料も教材費もすべて無料で、1クラスは最大28人・平均21人と日本と比べて小規模です。

    公立高校

    進路に合わせて高校の種類を選ぶ

    デンマークの高校は、普通高校と専門高校に分かれ、高校の修了試験(Studentereksamen)は大学などの高等教育機関への入学資格に繋がっています。訪問する高校は、環境教育/ESD(持続可能な開発のための教育)に力を入れており、エコスクールの認証を毎年獲得している学校です。

    私立小中学校

    デンマークでは私立学校=オルタナティブスクール

    フォルケホイスコーレの影響を受けて 年代に生まれたフリースコーレと、70年代の社会運動の影響下で生まれたリラスコーレがあり、いずれもオルタナティブスクールとしての要素が大きいのがデンマークの私立学校の特徴。

    国が認めており、自由を与えられながらも経営基盤が整っています。

    プレイパーク

    廃材で家づくり!子どもゴコロをくすぐる遊び場​

    日本でもプレイパークは、自己責任で自由に遊ぶ公園として各地に存在していますが、そのルーツの1つはデンマークで 年代にできた建築遊び場です。地域から集めた廃材を使って、子どもたちは自由に建物をつくって遊びます。

    秘密基地づくりに没頭したことのある人なら、大人でもたまらない空間です。

    ※訪問先は現地事情などにより変更の可能性があります。

    図書館

    その建築や空間デザイン、国民との距離の近さで、ヨーロッパ・特に北欧の図書館は世界的に有名です。今回はブラックダイヤモンドの愛称で知られる「新王立図書館」、その隣にある「旧王立図書館」、そしてコペンハーゲン中央図書館を訪ねる予定です。

    コペンハーゲン市民に紛れて、日常の中に息づいている図書館の雰囲気を私たちも体感してみましょう。

    ※訪問先は現地事情などにより変更の可能性があります。

  • ー さらにこんな体験も ー

    運河クルーズで
    コペンハーゲン観光

    船でコペンハーゲンのまちを

    一望する体験は最高に気持ちいいです!

    主要な観光地に無料で入れるCPH・CARDを配布

    これがあれば、チボリ公園、美術館や博物館、様々なお城にも入り放題!

    現地の若者たちと

    食事をしながら交流会

    教育者の側だけでなく、デンマークの教育で学び育ってきた若者の声が聞ける!

  • そして、この時期はなんと、

    「コペンハーゲン・プライド」真っ最中!

     

    デンマークは、セクシュアルマイノリティ(LGBT+)に寛容な社会です。

    1989年に、世界の中でもいち早く登録パートナーシップ法が成立し、同性婚が認められました。

    中でも、コペンハーゲンはLGBTフレンドリーの街として有名。

    それを象徴するイベントが「コペンハーゲン・プライド」です。

    街を練り歩くパレード、市庁舎前広場で盛大に行われる出店や催し。

     

    毎年盛り上がり、世界中から人々が訪れるこのイベントに、

    このツアーに参加した方はもれなく参加できます。

    なんて幸運!

     

    ※写真はデンマーク大使館のwebサイトから借用しています。

  • ー この旅での「学び」とは ー


    「こんなに教育のことを考えたことはなかった・・・」

    「自分が持っていた選択肢の狭さに気づいた」
     

    過去に「EDUTRIP」に参加した方の言葉です。

     

    海外の教育に学ぶ旅を提供する「EDUTRIP」は、
    「いい教育があるから見に行こう」というだけのものではありません。

     

    自分の常識や、日本のアタリマエとは異なる、

    他国の教育のかたちに触れること。

    その刺激が鏡となって、

    私たち自身の教育観を照らし出してくれます。

     

    「教育ってそもそもなんだろう?」

    「日本で何が必要だろう?」

    そして、「私にできることは?」

     

    自分の中にある「前提」を問い直し、

    教育に関わるうえでの軸を再構築する。

    この旅ならではの学びが、そこにあります。

  • ー 安心・充実のスタッフ体制 ー

    現地をよく知るコーディネーターと、教育に専門性のある引率スタッフがいるから安心!

     

    サダコ・ニールセンさん

    現地コーディネーター

    日本生まれでデンマーク在住。80年代にフォルケホイスコーレ参加するためにデンマークを訪れ、デンマーク教育の父と呼ばれるグルントヴィの教育哲学に感銘を受ける。現地で結婚し子育てを経験。フォルケホイスコーレの教員などを経て、現在は視察企画会社・DANINFOを主宰している。近年の関心は、環境教育、フェミニズム、エコヴィレッジなど多岐に渡る。

    EDUTRIPをデンマークで実施する際には毎回受け入れをしてくださっており、あたたく、チャーミングな人柄で参加者にも人気。

    石原光夏

    通訳スタッフ

    1993年生まれ。高校時代をカナダで過ごした経験から、人の自己形成に大きく関わる教育に興味を持ち、さらに大学での平和学の授業に大きな影響を受ける。教育を通して子どもたちが自分らしく、いきいきと暮らせる社会をつくることが、社会全体の大きな平和に繋がるのではないかと考え、現在はそのためにどのような教育が必要なのかを探究中。EDUTRIPでは過去にデンマーク・韓国・オランダに同行。語学力と持ち前のコミュニケーション力で、参加者のチームビルディングに貢献している。

    中谷さつき

    サポートスタッフ

    1988年生まれ。Demoでは、代表補佐としてあらゆる事務局作業を一手に担う。人の学びと成長に関わりたい思いから、大学卒業後に教職の道に進む。塾講師と小学校教員・私立高校の事務職員を経て、現在はフリーで複数の教育事業に関わっている。
    多様な価値観や生き方に触れながら、一人ひとりが自分を生きるための学びを支えたいという思いが強くあり、今回も参加者との対話を楽しみにしている。

  • 「EDUTRIP」の旅の特徴

    EDUTRIPは、

    他には少ない視察中心型

    海外に教育を学びにいくプログラムとしては、1、2ヶ所だけ視察がついている「観光中心型」、特定のメソッドの習得を目指す「研修中心型」などがありますが、EDUTRIPのプログラムは「視察中心型」。多様な現場を訪ね、目で見て肌で感じます。比較して考えたり、その国の教育を総合的・多角的に捉えることができることが特徴です。

     

    他のデンマーク視察プログラムより
    訪問先が多く割安!
    早割・学割併用で、お得すぎる価格!

    「できるだけ安く行きたい!」

    「できるだけたくさん現場を見たい!」


    その両方のニーズにこたえられるのがEDUTRIPの教育視察です。

    今回は学生の方向けの参加費用を特に抑え、参加しやすい工夫をしています。

  • 旅の行程

    [ 6泊8日 ]2018年8月17日(金)〜8月24日(金)
    ※旅程は現地の事情により変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

    8月17日(1日目)

    午前に関空を飛び立ちデンマークへ
    (パリで乗り換えます)
    ※成田からの乗り継ぎ便あり(応相談)

    8月18日(2日目)

    コペンハーゲン観光
    ・コペンハーゲンプライド(世界有数のLGBTパレード)

    ・クリスチャンスボー城やアマリエンボー城、カステレット要塞、人魚姫像など

    ・旅の目標設定ワーク

    8月19日(3日目)

    視察

    ・プレイパーク2カ所(ロドーブレ・SUPERKILEN)
    ・コペンハーゲン中央図書館・新旧王立図書館
    ・フリータイム

    8月20日(4日目)

    視察

    ・公立小中一貫校
    ・公立高校(ギムナジウム)
    ・振り返りワーク

    8月21日(5日目)

    視察
    ・私立小中一貫校(リラスコーレ)
    ・フォルケホイスコーレ
    ・ウングダムスコーレ(夜間の青少年の活動センター)

    8月22日(6日目)

    視察

    ・森のようちえん

    ・最後の振り返りワーク

    8月23・24日(7・8日目)

    早朝、空港へ、空路、関空へ。
    着後、解散(8月24日)

  • 参加費用について

    ※キャンセルチャージは出発日の60日前から発生します。

    ※含まれているもの:航空券・現地宿泊費・朝食代・現地交通費・主要な観光施設に無料で入れるコペンハーゲンカード・視察研修コーディネート費

    ※含まれていないもの:ご自宅と空港の往復交通費・現地での食費・お土産代・空港施設使用料・燃油サーチャージ

    参加者11名以上の料金での実施が決定しました!

    残席わずかです。お早めにお申し込みください。

  • ー よりよい教育をつくりたいと願うあなたへ ー

    この夏、教育観を広げに、デンマークへ旅をしよう。

     

    【お問い合わせ先】

    Demo |EDUTRIP事業部

    contact*dem0.work (「*」を「@」に変えてください)